上手に使ってきちんと返そう

借金をする理由は人それぞれです。完全な浪費によって借金をせざるを得ない人もいるでしょうし、住宅購入の為の資金が不足しているという理由で住宅ローンを利用する人もいます。
つい忘れてしまいがちですが、住宅ローンやマイカーローンも借金の一種なのです。借金の意味を正しく捉えると、借金とは無縁の人は案外少ないことに気付くのではないでしょうか。
借金という言葉の印象が悪いのは、やはり浪費によってお金を借りる人が少なからず存在するからだと思います。浪費を理由にお金を借りるというのは、他人から見れば決して褒められたものではないはずです。しかし現実的に、ちょっとした浪費が重なって借金をする人もいるのです。
借金をすることが悪いことだとは思いません。前述したように、必要に応じて上手に利用することで効果を発揮する商品もあるからです。浪費による借金の場合でも、きちんと必要な分だけ借りてしっかり返せるなら、借金も1つの解決手段になると思います。つまりどういう事情で借金をする場合でも、借りたら必ず返しましょう、ということです。
お金を借りる

ボーナスの時は小遣いも

私は今までバイトでボーナスをもらったことがなくて、医療事務でバイトをして初めてバイトなのにボーナスをもらいました。
1万という額であっても私には感動的でした。

そのボーナスで私はエステに行きました。結婚が決まったのでボーナスももらったしブライダルエステに行こう!と思ったのですが、エステ、高くて高くて。バイトである私にはその金額大きな壁でした。結果マイナスでしたがそれがきっかけでエステに行けてよかったなと思います。

旦那さんは結婚する前、ボーナスが入ると「あれを買う」「これを買う」といって予定を立てていたものの、いつも煙草代や飲み代、自炊しなかったので食費など生活費に無くなっていき
ました。

ボーナスをもらっても貯めることをしないのでどんどん減っていき、無くなる寸前でボーナスが入るというのを繰り返していたのです。
私が思うに旦那さんはボーナスがなければ無一文になっていたんじゃないだろうかと思います。

結婚してから旦那さんはボーナスをもらっても全部私に没収されてしまうので少しかわいそうだなと思いますが貯金のために仕方がありません。
ボーナス月には少しだけ多くおこずかいを渡してあげようかなと思っています。

ボーナス月は贅沢月

ボーナスはもらったように見えて、意外とクレジットカードのボーナス一括払いや、ボーナスが入ると見込んでクレジットで買ったものの返済が沢山あり、あまり貯金にまわせていない。
わたしの場合、入社してすぐに結婚し、結婚式の費用にボーナスはほとんど消えてしまいました。
そして翌年、妊娠が発覚。初めての出産なので、費用がかかっても設備抜群の病院がいいと考え、少し高いと有名な産婦人科のある病院で出産。またまたボーナスがあっけなく消えていきました。
逆に言えば、結婚式も出産もボーナスを見込んで場所を選んだので、ボーナスがことごとく消えて行ったというより、使うつもりで行動しているのは自分なのかな?と気付きました笑。
子供ができた今、何かとお金がかかります。子供服などもこんなに買わなくてもいいのに、と思うのにかわいくてつい買ってしまいます。ボーナスはあればある分だけお金を遣ってしまう体質だと、ただの贅沢できる月になるだけではありますね。ちゃんと貯めていかねば!!!と毎年反省しています笑。

ボーナスは貯金に……

みなし公務員の契約社員だったので、ボーナスと言ってもほんの僅かな金額。
夏と冬に、給与一ヵ月分のみ・・・という悲しい金額でした(笑)。
そうは言っても、当たり前ですが無いよりはマシ!
毎回「何に使おうかなー。でも、今回は出来るだけ貯金に回したいなー」なんて思っても、結局使いこんでしまっていた記憶です(笑)。
自分へのご褒美としてブランドバッグを買おう!とか、お財布や時計を買おう!と言って、何か記念になるものを購入した場合はまだ良いのですが・・・
流行りものの洋服をちょこちょこ買ってみたり、ちょっと高価なレストランでご馳走してしまったり、などなど。
あまり形に残らないものに散財してしまった時には、「あーあ・・・」とよく残念な気持ちになったものです。
しかも、新車で購入した車のローンを、ボーナス月には普段よりも多めに支払う設定にしているため、きちんと計算して使わないと下手したら赤字になってしまう可能性すらあるのです。
もっとボーナス上げてよー!といつも思っていましたが、金額が上がったところで、結局同じ様に使ってしまいそうな気もしますけどね(笑)。

初めてのボーナス払い

初めてのボーナスで購入したのは、欲しかったセレクトショップの本革のバッグでした。
ただ、社会人1年目。まとまったお金を貰うのも初めてでボーナスが本当にでるのかもドキドキしていて(不景気真っ只中でボーナスカットなどよく目にしていたため)50000円のバッグを購入するのに「ボーナスでるから一括にしようかな….いや、怖いから二回にしようかな….ボーナス….ボーナス」と考えていて、レジが私の番になりお会計へ。何回にしますか?の問に対し「ボーナスで」と答えてしまったためにチマチマと支払いをするはめに。ボーナスのこと考え過ぎてしまい、ついボーナスでなんて言ってしまい初めてのボーナスの買い物はなんのことやら、よく分からず購入しました。もちろん、今も大事に大事に使っています。それ以降は、もっと大きい買い物の時にしかボーナス払いは選択しないようになりました(笑)
たった50000円でボーナス払いは恥ずかしいですからね。今思えば、店員さんも不思議そうな顔していた記憶が蘇ります。

もっと欲しいなと思う人の欲望

ボーナスをもらえるだけでありがたいとは思うのですが、もらえるのなら相応の額をもらいたいと
思うのが人間の欲深いところだなぁと思う今日この頃です。

うちの職場は、年で合計1ヶ月分のボーナスが支給されます。
もちろん、もらえるだけでありがたいです。

一般の企業でもボーナス無しの会社はいくらでもあるのですから、贅沢は言ってはいけないなぁと
思います。
けれども、せめて年で合計2ヶ月分出てくれたら自分の職場に対するイメージも大きく
変わるのに・・・とも思っています。

ボーナスの使い道は、主に貯金に回して生活費が足りないときの赤字の補填などにも
使うこともあります。
でも、基本的には貯めていざ大きな買い物をするというときに役に立つようにしたいです。

上を見ればキリがないし、もらえない人もいるのだから・・・と思うのですが
仕事に対するモチベーションなども考えると欲が出てしまうのも仕方がないです。

でも、今もらえる立場にいるという現状をありがたく思いつつコツコツとお金を貯めていきたいなと
思います。

非正規になったからこそ

現在は非正規で就業しているので、ボーナスというのはありませんが、正社員時代には夏に2か月分、冬に3か月分、春に1か月分ぐらいの賞与を頂いていたので、今では考えられない位、金銭感覚は緩かったと思います。ただ、どちらかというと、出たボーナスや洋服を買ったり、一番高い買い物といっても、乗馬クラブの入会金やブランドのバッグぐらい。あとは貯蓄に回すといった感じで、派手に使ったりした事はないのがよかったのか、悪かったのか…。今考えてみれば、英会話スクールぐらい通っておけばよかったかな?と思ったりはします。
しかし、ボーナスの出なくなった今、お金の有難みを十二分に痛感します。もし、今後ボーナスを貰えるようになるなら、オンラインの英会話スクールを始めて、スムージーなどの健康グッズを定期購入したい。MOSなどの資格も取ってみたりして、スキルupも図る。そして諸々の必要経費以外は貯蓄に回して、老後にも備えたいと思います。

エアコンとボーナス

し学卒業して社会人になり、親元を離れ、知人、友人、親戚誰一人知らない熊本市が初任地でした。
寮にはエアコンがなく、その夏は特に暑い夏で、熊本市は盆地だから、休日、家で過ごすことも出来ず、寝苦しい日々でした。休日は繁華街に行き、冷房の効いた店内に行って過ごしてましたが、その過ごし方も飽きてきてました。
周りのパートさん方々が疲れた顔をした私に、「ボーナスはエアコンを買いなさい」とみんなが助言くださいました。ボーナス支給日が待ち遠しく、初めてのボーナスをいただいた時には、本当に嬉しく、両親に贈り物をしたりしました。
支給されて、すぐの休日にはエアコンを見に行ったのを覚えています。
購入して、数日後に工事をしてもらい、クーラーをつけて眠れた時の目覚めは快適でした。
それから、転勤先にもそのエアコンは持って行き、更に十年以上経ちましたが、ちゃんと動くので嫁いだ新居にもそのエアコンを取り付けました。現在結婚四年目ですが、このエアコンを使う度に購入した頃を思い出します。

踏んだりけったり

車を買い替えた理由は、朝の通勤途中に同じ会社の人に後ろから突っ込まれ、その勢いで鼻をハンドルに思いっきりぶつかりました・・・・。
その後、別の同じ会社の方が様子を見に来てくれたのですが、勝手にトランクを開けようとしたため、トランクの損傷が余計にひどくなり・・・。踏んだり蹴ったりな1日の始まりでした・・・。
事故後、自力での走行が可能だったので事故車で、病院へ行き、修理をしてもらうためまた事故車に乗りディーラーへ向かう際、走行中はずっと異音がしていたので、いつこのまま止まってしまうのか等、色々考えて一番大変でした。
幸い、事故時に鼻をハンドルにぶつけただけだったため、ムチ打ちにはならずにすみよかったのですが、季節の変り目には時々痛みが・・・。
それから新しい車に買い替えて通勤に使用していましたが、ある日の帰り道に道路脇のガードレールにぶつけてしまい、3週間ほど車が入院してしまいました・・・。 

災難が続いてしまい、かなり凹みました。
今でも、後ろから突っ込まれるのではないかと思うときがあるので、車間距離を近づけられると、思い出してドキドキです・・・。

転職なども考えて

ローン支払いで車を購入。月々3万円、賞与時10万円の支払。賞与は会社の業績等により上下するので賞与での支払計画にするとなかなか資金的につらいと考え、マンション購入時には毎月の月給での返済のみとした。賞与は買い物、旅行のお金とローンの繰上返済に充てるつもりであった。その為、月々の支払がつらかったが、賞与は全額残るというメリットもあった。
また転職した際、年棒制の会社に転職してしまい年棒を12分割しそれを月々支払うという給与体系の会社であった為、賞与でのローン支払いにしてなくてよかったと感じた。
現在4社目の転職である。もともとの会社にいても減給、賞与も年間4か月支給だったものが
最近では年間で1カ月にまで減ってしまったとの話を聞いた。現転職先では給与は2割減になってしまったが、賞与は年間4か月あるのでなんとか生活はしていけるが、毎月のローン返済が多く月々の給与では生活資金が不足してしまう。その不足分を賞与で補てんしてくというパターンになっており年間でほぼお金が残らない生活になっている。
理想としては生活費、ローンの支払までは月給の範囲でおさめ、大きな買い物、旅行等は賞与からだし、将来のローンの繰上返済を残ったお金で行うというパターンにしていきたいと考えている。